節分の豆まき2

節分の豆まきについての2回目です。
豆のまき方をご紹介。


【いつ誰がまく?】
鬼は真夜中に来るとされているので、夜に豆まきをするのが効果的だそうです。
また、一家の幸せを願うために行うものなので、家族全員が揃っている方が
よいでしょう。
豆をまくのは本来、家長の役目とされましたが、厄年の人がいれば厄払いのために
まいてもよいですし、一家の幸せのため、全員が撒くようにしてもよいようです。


【豆まきの仕方・食べる数】
家の玄関の扉や窓を開け「鬼は外!」と豆を2回まき、鬼が戻って来ないよう
すぐに扉や窓を閉め、「福は内!」と部屋の中に2回撒きます。奥の部屋から
順に鬼を追い出すように最後は玄関までまくように。まいた後は、一年の厄
除けを願い、自分の年齢より一つ多く(数え年分)の豆を食べましょう。

まき方や食べる数なども地方によって異なるようですよ。


ちなみに、太巻きを丸かぶりする「恵方巻き」今年の恵方は「東北東」です!

太巻きは、七福神にちなんで7種の具がよいとされ、縁を切らないように
1本そのまま。鬼の金棒に見立てて退治するという意味もあるそうです。

家族ひとり1本ずつの太巻きをしゃべらずに恵方に向いて、願い事をしながら、
黙々と食べ切ります。しゃべると、運が逃げるからだそう。

家族の幸せを願い、伝統行事をすることは、よいことです!
ご家族で楽しみながら、恵方巻きを食べて、豆まきをしてくださいね!(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
分譲住宅販売
株式会社クリエイト
〒676-0805 兵庫県高砂市米田町米田894-24
TEL:079-431-8800 FAX:079-432-2766
http://www.create-t.co.jp

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメントの投稿

非公開コメント